So-net無料ブログ作成
検索選択

デング熱 [健康]

デング熱

デングウイルス(dengue virus)による感染症。、ネッタイシマカやヒトスジシマカなどの蚊によって媒介される。「天狗熱」、「テング熱」と記されることがあるが、これは誤りである。

潜伏期間は4日から7日。

デング熱は、一過性の熱性疾患で、東南アジア、インド、中米、南太平洋などに広く分布する。近年の、熱帯・亜熱帯地域の都市部におけるアウトブレイクには、急激な都市化が関連している。

突然の発熱、頭痛、眼窩痛、筋肉痛、関節痛が現れる。食欲不振、腹痛、便秘を伴うこともある。発症後3~4日後より胸部から非特異性の発疹が出現し、四肢、顔面へ広がる。四肢にかゆみを伴うことが多い。こういった症状は通常3~7日程度で消失し、回復する。

治療は、対症療法薬と輸液である。またアスピリンは抗血小板作用によって、出血を助長する可能性があるため、アセトアミノフェンを用いる。

現在のところワクチンはなく、予防は蚊に刺されるのを防ぐことだけである。ヒトスジシマカは、日中活動し、室内にもひそむ。

台湾ニュースサイト「中国台湾網」などが伝えたところによると、台湾南部でデング熱が流行。台南市政府の最新の調査では、2007年10月13日までに市内で511人の感染者が確認されたほか、隣接する高雄市でも2つの区で集団感染が発生しており、感染の広がりは過去最大規模。

[PR]ハーブ 栽培


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。